ねじろ書庫計画

ゆるく募集です。

「商業まんが本の図書室」は数あれども、「みんなの作ったオリジナル自主制作本が色々読める図書室」は、少なくとも近所では見かけません。

熊本は「マンガ県」を推していくみたいですが、やはり商業誌などに目線が向いている模様。

こういう一次創作自主制作本って、コミティアなどの同人誌即売会などに出かけないとなかなか実物にお目にかかれない。
だからなのか、「マンガは読むものであって、本にできるのはプロの人だけ」みたいに思ってる人って結構多いんですよ。

だから、「会社に所属してプロ(商業)として本を出版しているわけではなく、自分のお金で刷って自分で売ってる」という人々の本だけを集めた図書エリアが作りたい。と考えたんです。
もちろん自分で作ったやつに限りますよ! 他人が作ったやつを本人に無断で勝手に送ってきたらダメですからね!

一応著作権問題があるから二次創作物どうしよ〜〜〜〜〜と悩んでるところではあるんですが、これは一律NGとはしないで、ケースバイケースで適宜判断していこうと思っています。

で、ココに関してはねじろで売るんじゃなくて、ねじろではサンプルを読んでもらう。で、気に入ったら名刺などを持ち帰ってもらう。
買うのは作家さんご自身の持ってるウェブショップから直接買ってもらう方式にしようと思ってます。
せっかくのお客さんのお気持ち、できるだけマージン取りたくないから。うちで売るとどうしても経費上、マージン取らないわけにいかないですからね。

ただね、ねじろね、お金なくてね……ほんとに申し訳ないんだけど、サンプルなどに使って古くなっちゃったやつ一部だけでいいので、買取じゃなくて「お譲りいただく」っていう形をご了承いただけたらとってもありがたいのです。

同じように自主制作のCDもOKです! CDプレイヤーあるので聴いてもらいましょ。

もう気持ちはすでに受け入れ体制なので、気が向いたらさっそくお送りいただいて大丈夫です。

送り先:〒862-0913 熊本県熊本市東区尾ノ上1-26-6 酒本ビル1F キノコファクトリーのねじろ 高野温子 宛

薄い本が多いと思うので、本棚じゃなくてマガジンラックみたいなやつがいいね。無理ない価格でありそうなので、見繕ってみますよ。

あと、ねじろにすでに寄贈いただいてるもので図書に置いていいものがあったら教えて下さい。

「マンガ県とか言うならこれぐらいやんなきゃでしょ!」ってとこ見せてやるぜ!!!!!!!!!

ご協力いただければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です