シェアアトリエ&ギャラリー キノコファクトリーのねじろ

熊本で、みんなとたくさんお絵かきできる場所。

熊本市は東区、尾ノ上にございます「シェアアトリエ&ギャラリー」なるスペースです。
業態で言えばコワーキングスペースに近いですが、そうは言っても、とてもこじんまりとしたお茶飲みコミュニティスペースのような場所。定員は、どうがんばってもせいぜい6~8人くらいでしょうか。
みんなでお絵かきしたり、だべったり、遊んだりしています。

店主のキノコファクトリーは、ADHD持ちで、障害年金受給者。
自身が苦しんだ経験から、「くるしいとき、こういう場所が欲しかった」を実現するために日々てんてこまいしています。

また、グレーゾーン・軽度障害・内部障害など、傍目に見えづらく支援を受けられなかったり理解を得られなかったりする人々を「すきまのひとびと」と定義し、これにフォーカスした活動を日々行っています。

お知らせ

本日の最終入室をしめました

本日の最終入室をしめました

最終入室時刻/18:30に〆ます。
完全退出時刻/20:00です。


はじめに(ごあいさつ)
アトリエ利用について
ギャラリー利用について
ご予約・スケジュールカレンダー
アクセス(ねじろへの行き方)
お問合せ(メールフォーム)
画材一覧
Twitter(最新情報)
ブログ(お知らせなどなど)

ねじろ酒場(Discordでの交流場所)
https://discord.gg/83Rfjn8uzU

キノコイン制度について

シェアアトリエ&ギャラリー キノコファクトリーのねじろでは、「キノコイン制度」というものを導入しております。

お金に余裕のある方で制度をご理解いただける方には、ぜひとも一枚100円の木でできたコイン「キノコイン」を好きなだけ買っていただければと思います。
買っていただいたキノコインは、専用のビンに貯めてゆきます。
そして、お金に困っている人は、そのビンの中からキノコインを取り出し、利用料やドリンク代としてお使いいただけます。

キノコインは、ネットからでもご購入いただけます。

購入ページ

●シェアアトリエ&ギャラリー 店主 きのこの紹介

ものづくりの時のなまえ:キノコファクトリー/くさもときのこ
ほんとのなまえ:高野 温子(たかの あつこ)

特に好きなもの:アサヒスーパードライ500ml缶/甲類焼酎ハイボール(レモン)/おにく/おさかな/おつけもの/おつまみ類 など
食べられないもの:きなこ/パクチー/ニッキ/赤ワイン

特徴
・もともと関西人だけどもうあんまり関西弁じゃない
・わりと適当
・くれるものはもらうタイプ

きのこの描いた絵は個人サイトで見れます。
https://kinocofactory.work/

〒862-0913 熊本県熊本市東区尾ノ上1-26-6 酒本ビル1F
シェアアトリエ&ギャラリー キノコファクトリーのねじろ
nejiro@kinocofactory.work

※店主、ひとりで接客対応しておる都合上、電話番号を公開しておりません。
たいへんお手数をおかけしてしまうのですが、上記メールかオフィシャルLINE(https://lin.ee/1FyKO8m)からお問い合わせいただき、お返事しばしお待ちいただければ幸いです。


これをご購入いただくと、お金にこまっているねじろ利用者さんが自由に使えるキノコインとして、店舗に貯まっていきます。ちなみに、私も困ったときは使うときがあります。
最低額100円から、一口100円単位で、好きなだけ買ってください。

※商品の発送はありません。ご注意ください。
また、受け取り方法が「店舗受け取り」となっていますが、こちらで店舗に貯めていきますから、お越しになる必要もございません。